eyecatch

今年はオーストリア、ウィーンで活躍した画家の展覧会が多いなと思っていましたが、この正式名称を見て、はっきりしました。外交樹立150周年の記念なんですね。ウィーンの世紀末の芸術界の様子を事細かにわかるのではと期待して、展覧会に行ってきました。

# 開催概要

名称 日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
会期 2019年4月24日(水)〜8月5日(月)
開催会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
開館時間 10:00〜18:00
料金 一般 1600円
公式サイト https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

# 混雑状況はどうだったのか?

訪問したのは、ゴールデンウィーク終盤でしたが、朝からだったおかげなのか、さほど混雑することなく、ゆっくりと展示を見ることができました。 混雑していなくても、有名な絵画があると局所的に列に並ぶこともあると思いますが、この展覧会ではそういったものもなく、非常に自由に見て回ることができました。

絵画だけでなく、食器やドレス、机、椅子といった色々なものが展示されているため、展示品から距離をとって見てみたり、間近でしっかりと見たりすることがあり、空いていることで、自由な距離、角度から見ることができてよかったです。 空いていないと見るのが大変だったように思います。 まだ、会期始まってすぐなので、ゴールデンウィークでも空いていたのかもしれません。

客層は女性のほうが若干多いように思いました。 30代か40代の方が多い印象でしたが、年配の男性もかなりいらっしゃっているように思いました。 また、だれかとペアではなく、お一人でいらっしゃっている方も多いように思いました。 内容が濃いため、1人で見に来たほうがしっかりと鑑賞できてよいかもしれません。

公式ツイッター情報はこちら。

https://twitter.com/wienmodern2019

# 内容はどのようなものだったのか?

ウィーンの19世紀末前後の芸術が大成していた時期での芸術家の活動と共にその背景となる部分から順番に説明されていました。歴史が好きな人にはなかなか楽しい章立てになっていたと思います。

章題 内容
1 啓蒙主義時代のウィーンー近代社会への序章 19世紀末へ繋がる初期は18世紀のマリア・テリジア、ヨーゼフ2世の時代に始まっており、啓蒙主義がその根底になっているという解説。肖像画を中心にその時代の背景の説明。
2 ビーダーマイヤーの時代のウィーン 小市民の意味からその生活様式や精神構造を示すようになる。私的生活が中心になってきたこの時代の芸術と生活の関係について展示。
3 リンク通りとウィーン 市街を取り囲む城壁を取り払ったあとにつくった環状道路であるリンク通りとその周辺で繰り広げられた芸術に関する展示。
4 1900年世紀末のウィーン クリムト、シーレ、オットー・ヴァーグナーなどのウィーン分離派の活躍を描く展示。展覧会の約半分ぐらいがこの4章に割かれている。

ちなみに、同じ時代の展覧会が今年は多いので、勉強にはもってこいですね。

# 展覧会の感想は?

1900年前後の世紀末の時代、ウィーンで盛んだった総合芸術への時代背景やその時代に活躍した芸術家たちについて、よくわかる展覧会でした。

一番のポイントだと感じたのは、ウィーンを覆っていた城壁を取り払い市街地が拡張したこと。また、その城壁のあたりを周回道路(リンク通り)としての整備、公共事業として美術館や市庁舎、劇場などを整備したことかと思います。 これによって、芸術家が自発的に動くことができる空気感を作り上げたのではないかと思いました。

そこで活躍した、クリムトやシーレ、ココシュカなどのウィーン分離派と言われる芸術家たち。 その活躍はもちろん、メインとして多数の絵画が展示されています。 メインがかなり後半に偏っている印象を受けたので、可能であれば、さらっと全体を見回した後、改めて、頭から見て回るような回り方をしたほうがいいようにも思います。 前半からしっかり見ていくと、メインにたどり着く前に疲れてしまうかもしれません。

また、絵画だけでなく、建築家のオットー・ヴァーグナーもウィーン分離派として活躍していた点もしっかりと説明されていたのは、世紀末の実情をしっかりとあらわしているようで良かったと思います。

# 今後の巡回予定はあるのか?

一か所巡回予定があるようです。お近くの方はぜひご覧ください。

国立国際美術館(大阪・中之島):2019年8月27日(火)〜12月8日(日)